女性のウォンツにこたえる

御承知の通り、買い物をする客を分析すると、8割が女性である。ゆえに、小売りにおける販売活動は、女性客に受け入れられるかどうかで決まる。女性に受けない店は衰退していくといっても過言ではない。

そこにいち早く気付いた大手各社は女性の購買心理を研究し、助成に受ける店舗設計、デザイン、レイアウト、テナント構成を考えるようになっていった。

例えば、駐車場ひとつとっても、新しく開発される駐車場は、以前のものと比べて1台当たりのスペースが広くなっている。車間の線も、今は2本引いているところが多く、運転に慣れていない女性でも非常にとめやすい。

また、休憩スペースには必ず花や緑をふんだんに用い、自然的雰囲気をだすPRも忘れていない。

このように、店舗開発の上では女性に対するウォンツが研究され、具現化されているようだが、チラシ制作に関しては、女性に受けるという点ではまだまだのようである。

では、女性に受けるチラシとはどんなチラシ制作なのか。それは一言でいうと、「愛嬌」のあるチラシなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です