お客様の声に謙虚に耳を傾けよ

お客様の心を知ることにおいてもう一つ大事なことはお客様の自身お声に耳を傾けること。現場はもちろん、トップ自らお客様に接して、その声をしっかり聞くことが重要だ。よく成功した経営者はマスコミばかりを気にして登場し、お客様と接する機会が減る傾向があるが、それはあまり良くない。やはり会社のトップである経営者自らお客様に接することで現場を知り、お客様を知る上で大切なことである。

チラシの達人達は経営者でありながら、チラシを作成している人が多い。その達人達は必ず、売り場や展示場などお客様と接する場面を多く作り、肌でお客様の声を感じているのだ。

さらに多くのお客様の声を聞くには全勝に紹介したお客様の声の吸い上げだ。チラシの達人達は例外なくお客様の声を収集している。それはチラシ作りに大きなヒントが隠されている体。例えばこんなお客様の声があった。

「店内のスタッフが笑顔で迎えてくれてまた最後に頭を下げてお見送りするのには大変感激しました。ありがとうございます。」

お出迎え、お見送りであるが、お客様からしてみれば非常に新鮮に映ったらしい、ということはこれを自社の強みとしてチラシに打ち出していける。商品以上に心を伝えるチラシにしよう、と。

そこでできたのが、ありがとうチラシである。タイトルはお客様に感謝の気持ちを伝えたいということでストレートにありがとうとし、さらにスタッフ全員の写真を入れ、その気持ちを伝えようとしたのである。その気持ちに反応したのか、心の温かいお客様が来店してきた。ありがとうのチラシを見たよ、という嬉しいお言葉まで頂き、スタッフ一同大変感動した。

このようなことはお客様の声を謙虚に聞かないと気づかない。自社の長所、短所が明確に分かるのがお客様の声である。もちろん、時にはクレームに近い厳しい、声を聞かせられることもある。しかしそのような率直な意見gあ会社、店舗の向上を図り、さらには収益の向上につながるのである。

お客様の心を知ることにおいてもう一つ大事なことはお客様の自身お声に耳を傾けること。現場はもちろん、トップ自らお客様に接して、その声をしっかり聞くことが重要だ。よく成功した経営者はマスコミばかりを気にして登場し、お客様と接する機会が減る傾向があるが、それはあまり良くない。やはり会社のトップである経営者自らお客様に接することで現場を知り、お客様を知る上で大切なことである。

チラシの達人達は経営者でありながら、チラシを作成している人が多い。その達人達は必ず、売り場や展示場などお客様と接する場面を多く作り、肌でお客様の声を感じているのだ。

さらに多くのお客様の声を聞くには全勝に紹介したお客様の声の吸い上げだ。チラシの達人達は例外なくお客様の声を収集している。それはチラシ作りに大きなヒントが隠されている体。例えばこんなお客様の声があった。

「店内のスタッフが笑顔で迎えてくれてまた最後に頭を下げてお見送りするのには大変感激しました。ありがとうございます。」

お客様からの感謝メッセージであるが、チラシの達人は見逃さない。なるほど、お客様はそう思っていたのか、ではもっとこの強みを打ち出していこう。と。いつも当たり前のようにやっている。お出迎え、お見送りであるが、お客様からしてみれば非常に新鮮に映ったらしい、ということはこれを自社の強みとしてチラシに打ち出していける。商品以上に心を伝えるチラシにしよう、と。

そこでできたのが、ありがとうチラシである。タイトルはお客様に感謝の気持ちを伝えたいということでストレートにありがとうとし、さらにスタッフ全員の写真を入れ、その気持ちを伝えようとしたのである。その気持ちに反応したのか、心の温かいお客様が来店してきた。ありがとうのチラシを見たよ、という嬉しいお言葉まで頂き、スタッフ一同大変感動した。

このようなことはお客様の声を謙虚に聞かないと気づかない。自社の長所、短所が明確に分かるのがお客様の声である。もちろん、時にはクレームに近い厳しい、声を聞かせられることもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です