HTMLとはどういうもの?

HTMLの意味

HTMLとはHyperTextMarkupLanguageの略です。HyperText(ハイパーテキス卜)とはホームページのように、 表示されている文字や画像などをクリックすると、そこからほかのページに移動する( リンクする) ような仕組みを備 えたもののことです。MarkupLanguageとは印を付ける言語という意味です。言語、というと非常に難しいものの ように考えてしまいがちですが、外国語やプログラミングの習得ほど大変なものではありません。まずはおおまかな 仕組みから説明していきます。

印を付ける

HTMLMMarkUp (印を付ける)の意味ですが、この「印を付けるJのがタグというものです。< >を付けた 英文字列をタグと呼びます。< > の中の英文字列は要素 (Element) というのが正式な名称ですが、要素に く  を付けたものを開始タグ、要素名の前に / を入れてから< > を付けたものを終了タグと呼びます。どんな要索が あるか、そしてそれらはどのような意味があるかを順次解説していきます( 終了タグは省略できる場合や、終了タグを 付けてはいけない場合もあります) 。ただし、一般的には要素のこともタグと呼ぶことが多いので本書でも HTML タグの意味は・. というように記しています。

タグの中には、ブラウザに詳細な指示を与えるため、「属性 (Attribute)を設定できる( しなければならない) ものがあ ります。属性は開始タグの中、タグ名のあとに半角スペースを空けて (属性) =” (値) という形式で記述します。値 とは、数値や、あらかじめ意味の決められた文字列のことを指します。