Windowsの設定

これから作成する W e bページのファイルは html という拡張子( ファイルの種類を表す英 字) を付けます。しかし、Windowsの初期設定 では拡振子は表示されない設定になっているの で、あらかじめ設定を変更しておく必要があり ます。 Windows Vistaでは[ スタート] メニュー から[ コントロールパネル] を選択し、[ クラシッ ク表示] をクリックして表示を切り替え 、 [ フォルダオプション] をダブルクリックします。

WindowsXPの場合は[ マイコンビュータ] を 闘いて[ ツール] メニューから[ フォルダオプ ション] を選択します。以下の設定はWindows Vis也の場合と同様です。

[ フォルダオプション] ダイアログボックスが表 示されたら、[ 表示] タブをクリックし、[ 詳細 設定] の中から、

[ 登録されている拡張子は表示 しない] のチェックを外して、 [OK] ボタンを クリックします。これで拡張子が表示される ようになります。

[ 環境設定] 夕イアログボックスを 表示する

TextEdit を使用した場合、初期設定のままでは 鉱張子 html でファイルを保存できないので、 以下の設定を行います。[ テキストエディッ卜] →[ 環境設定] を選択して、[ 環境設定] ダイアロ クボックスを表示します。

[ 新規書類] タブの[ フォーマット] で[ 標準テキ スト] をクリックします80 [ 開く/ 保存] タフ では[ ファイルを保存するとき] の[ 標準テキス トファイルに拡張子 “.txt” を追加] のチェックを 外し、[ ファイルを開くとき] で [HTMLファ イルの中のリッチテキス卜コマンドを無視] に チェックを付けます80 [ 標準テキストファイ ルのエンコーディング] は[ 闘 ] [ 保存] ともに [ 日本語 (Shif_JIS)] を選択します。 Max O S X 10.3以前では画面が異なりますが、設定す る項目は同じです。なお、 [HTML保存オプショ ン] は自動的にタグを付加して H T M L を生成す るためのものですので、本書では使用しません。